商品一覧
横断幕・応援幕
横断幕イメージ
主な仕様
素材 遮光ターポリン485g/㎡
遮光ターポリン650g/㎡
印刷方法 弱溶剤インクジェットプリント
主な加工 縫製加工
ロープ補強
ハトメ加工
横断幕は屋内外問わず見通しの良い場所においてメッセージを伝えるのに非常に効果的です。広告目的などで長期間の設置はもちろん、スポーツなどの応援用で頻繁に取り外しをするような使用法にも適しています。
応援幕としては、体育館やスタジアムで使用するようなものでは横3:縦2程度の比率のものも多く見受けられます。
横断幕の設置方法は一般的にメディアの四方に等間隔にハトメを打ち、ロープやワイヤーなどを通して手すりなどパイプ状になっている場所に巻きつけて固定します。

お見積りはこちらをクリック!

懸垂幕
懸垂幕イメージ
主な仕様
素材 遮光ターポリン485g/㎡
遮光ターポリン650g/㎡
印刷方法 弱溶剤インクジェットプリント
主な加工 縫製加工
パイプ加工
ハトメ加工
懸垂幕は垂れ幕や縦幕といった呼び方をする場合もあります。主に屋外で高い建物の屋上などから設置するので、学校・役所・社屋などで使用されることが多い形状です。
懸垂幕の設置方法は、メディアの四方にハトメを付けてロープやワイヤーなどを通して設置する方法が一般的です。屋内でもデパート等の吹き抜け部分に、上下袋縫いにした懸垂幕にパイプを通してワイヤーで吊って設置するといった方法もあります。

お見積りはこちらをクリック!

タペストリー
タペストリーイメージ
主な仕様
素材 ポリエステル230g/㎡
遮光ターポリン485g/㎡
印刷方法 昇華転写プリント
弱溶剤インクジェットプリント
主な加工 袋加工
パイプ加工
タペストリーは屋内外で壁掛けの形で使用します。メディアの上下を袋縫いにしてパイプを入れて、ワイヤーで吊ったりフックなどに掛けるといった設置方法が一般的です。屋外での設置の際は下のパイプにワイヤーで重りなどに括り付けて、風が吹いても固定できるような方法をとる必要があります。

お見積りはこちらをクリック!

フラッグ・バナー
フラッグイメージ
主な仕様
素材 遮光ターポリン485g/㎡
遮光ターポリン650g/㎡
印刷方法 弱溶剤インクジェットプリント
主な加工 袋加工
パイプ加工
ハトメ加工
フラッグは1枚のサイズはそれほど大きくなくても、街の大通りの街灯などにたくさん設置することで、イベントなどの雰囲気を盛り上げるのに役立ちます。またお店などの壁面に飾ることで華やかな印象を与えるような効果もあります。
フラッグの設置方法は、メディアの上部を袋縫いにしてポールなどを通しての設置が一般的ですが、加えて風でめくれないようにハトメを付けてワイヤーなどで固定することもあります。
またバナーはタペストリーのように壁掛けでの設置でなく、ワイヤーで天井から吊り下げるような設置方法になります。フロアや通路の上から下げるので主にイベント告知などには効果的です。商店街のアーケードにも設置できるので、フラッグなどと合わせれば、相乗効果でより一層の雰囲気作りやイベントの認知度の向上などに役立ちます。

お見積りはこちらをクリック!